5月13日 指数

ハイサイ!

内閣府が公表した3月の景気動向指数が、これまでの「下方への局面変化」から、「悪化」に引き下げられました。しかし、政府の4月の月例経済報告は、景気は「このところ輸出や生産の一部に弱さもみられるが、緩やかに回復している」とする総括判断。アベノミクスを中心とする大戦果で、「戦後最長」となる景気回復が続いているとの認識を示しています。複数の経済指標をもとに機械的に判断される景基調判断とは云え片や「悪化」、片や「回復」とは。何ともふざけた話しです。

Palms本日も通常営業です。

イノウエ

カテゴリー: ブログ パーマリンク